Blog of Hurry69


徒然なるままに・・・・      感じるがままに・・・・
by transhurry
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
My Homepage

Hurry 69

写真はGalleryからPhotoへ。

人気blogランキング
ポチッとやってみてください。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[吉田拓郎]
from 時の人追いかけレポート2
モーリス W-20 寺田楽器
from フォーク・ソング&ニュー・ミ..
死ぬとわかっている男はす..
from グーグーパンダの語る人生
桜とタンポポと・・・
from デジカメ散歩
白梅
from 人生の旅路Ⅱ
「生」と「死」
from ukkeylog
もう一度写真館~その2
from 猫と6ペンス
水仙
from 季節を感じて
コスモス畑でハッスル・ハ..
from デジタル一眼レフ オリンパス..
風邪を引いてしまいました。
from デジタル一眼レフ オリンパス..

懐かしい台本

a0003161_13263438.jpg
昭和52年8月20日放送予定の”横溝正史シリーズ-獄門島”第四回分の台本が出てきた。
当時国際放映で撮影されていた横溝正史のTVシリーズの中の一本。
金田一幸助役は古谷一行氏。獄門島の監督は斉藤光正。
私の業界デビュー(裏方・・・美術)の作品である。
この台本は最終回のものでその他のものは行方不明(捨てたな、きっと)
撮影は地獄極まりなく、いつ寝るのかいつ休めるのか・・・・まぁスタッフは奴隷のようにこき使われていた記憶がある。
セット28時終了、ロケ4時出発(おいおい、いつ寝ていつ準備するんだい?)なんてのは日常茶飯事、放映に間に合わすためにみんなヘロヘロになりながら撮影してた。
古谷氏もまだ若くいつも回りに女性が3~4人いたように思う。俳優が羨ましかった。

よくロケで伊豆の田牛(とうじ)というところへ行った。
当時はまだまだ穴場で、最高のビーチだった。

斉藤光正監督とはこの後また横溝正史氏の”悪魔が来たりて笛を吹く”で会うことになる。

あれからもう30年近くも経つ・・・
[PR]
by transhurry | 2004-09-24 13:25 | 映画
<< 昨日の続きでマリーゴールドとコスモス 雨の日に仕事先で >>


フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧